好きにならずにはいられない

好きなサッカーチーム、Mainz、ジェフ市原・千葉を中心に、ブンデス、J1の試合について綴っています。チーム愛より監督愛の方が強いかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マインツ、1部昇格決定!!!

試合終了と共に、Bruchwegに花火の音がネットラジオから聞こえてきた。そしてサポーター・ファンの歓喜の声。

オーバーハウゼンに4-0で勝利。

ただ今、祝杯を上げております。

おめでとう、マインツ!
ドルトムント戦が今から楽しみだ。

・・・・・・来季はちゃんとCSフジテレビを契約して、観戦します。
スポンサーサイト

テーマ:ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/05/24(日) 22:55:47|
  2. mainz
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジダンはどこへ

もしかして、ブンデスリーガの中で、今夏相当に移籍市場を騒がすのでは?と思っている、マインツ所属のモハメド・ジダン。

昨季はブレーメンからのレンタルで、今冬にマインツが思い切ってブレーメンから買いました!!!
後半戦のゴールは16試合で13得点。
それでもチームは降格してしまったけれど(泣)。

そんな選手を、他のクラブが放っておくはずが無い。
ハノーファーにシュツットガルト、HSVにヘルタ・ベルリン、ニュルンベルクも興味ありとか。

ジダン自身がどう考えているのか分からない。
ただ、さすがにマインツを愛する彼であっても、2部でプレーとなると考えてしまうだろう。
確かに2部でプレーするには惜しい選手だしね。

他の選手だと、ヴァイゲルトが同じく2部降格のアーヘンへ、サビッチがアウグスブルグへの移籍が決まっている。
後はアズアグはシャルケへ、アンドレアセンはブレーメンへそれぞれお返しせねばならない。
フォイルナーや、フリードリヒ、デミルタス、ノヴェスキ辺りも、1部のクラブへ移籍するのかな・・・。

今季最後の試合を前に、ついツライ話題を入れてしまった。

テーマ:ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/19(土) 01:47:28|
  2. mainz
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残留はキビシイ

キビシイというより、ほぼ絶望と言ってよいマインツの残留。
残り2試合。
現在17位。
残留ラインの15位との勝ち点差は5。

マインツが全勝し、15位ヴォルフスブルグが全敗しない限り、残留は出来ない。

マインツの対戦相手は
ボルシアMG(降格決定)(H)
バイエルン(A)

ヴォルフスブルグ
アーヘン(A)
ブレーメン(H)

何となくなのだが、ヴォルフスブルグが次節アーヘンとの降格争いに勝利し、残留決定、マインツとアーヘンの降格が決まりそうな予感がする。
ヴォルフスブルグは最終節にブレーメンと対戦なので、間違いなくアーヘン戦に照準を合わせてくるハズ。

マインツは冬休みの移籍市場で積極的に動き、後半戦の前半には残留の期待を抱かせる戦いをしてきたのだが、4月以降は勝ち点を取れない戦いが続いた。

逆にお尻に火がついたボーフムやビーレフェルトが上位陣に対して勝ちを収め、勝ち点を重ねて残留を決めた。
ボーフムは80年代年代終盤に1部に昇格後、何年か1部在籍→2部、再び1部、というのを繰り返してきたクラブである。
ビーレフェルトも3部まで落ちたこともあるが、基本的にはエレベータークラブである。
そしてルール地方にあるクラブなので、サッカー熱が冷めることもないというのも大きい。

その中で、マインツのようにサッカー熱のさほど熱いと言うわけでもない地方、規模のクラブが、3年間1部に在籍出来たのは、快挙と言って良い。それこそ90年代のフライブルグに次ぐ実績を作ったと思う。
だから、残り2試合、自信を持って、印象の残る試合をして欲しい。
かなり痛い負け方をして、監督も選手も自信を失っていると思う。
自信を失った時点で、もう負けているのに。
力などもともとないのだから、せめて気持ちで負けてはいけない。
3年間1部で戦った自信はどこへ行ってしまった?

自信を持て。
戦え。
このメンバーで戦えるのは、もう2試合しかないのだから。

降格が決まっても、私は泣かない。
相手サポーターからさえ拍手を貰える様、本気で戦え。
それが出来る、数少ないクラブなのだから。

テーマ:ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/10(木) 22:34:15|
  2. mainz
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝った!!!と書きたかったのに

2-2で引き分けてしまった。
元バイエルンのジョーカー、ゲレーロの83分のゴールで。
そのままバイエルンにいてくれたらよかったのに、と今季は本気で思う。
昨日の試合でクラッキーが言っていたが、今季バイエルンは途中交代者のゴールが0なんだとか。
ヴァン・ブイテンを獲得した代わりにゲレーロをHSVへ放出なんだろうけど(つーか、ゲレーロ出すならサンタクルスを引っ張る理由がサッパ分からん)、ここ2年ほどのバイエルンは移籍市場であまりうまく行ってないのがホントに良く分かるわ。
と、ここでバイエルンの文句を言っても仕方ない。

80分くらいまでは、マインツがこのまま行けそうな雰囲気もあったのだ。アウェーの地で。
さすがに前節のシャルケは首位相手だから、なかなか手も出なかったが、順位が2ケタのチームならば、それなりに戦える。
先制しても、追いつかれるが。
あーあ、余計なPKを・・・。

それにしても、最後にアンドレアセンが余計なカードを食らってしまい、次節出場停止なのは痛いです。
次節はホームで、今日ボルシアMGに勝利を収めたハノーファーを迎える。
勝つしかない。
気持ちを切らせてしまったら、その時点で負けだから。

テーマ:ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/04/23(月) 02:05:33|
  2. mainz
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラーニーの3つのハンド

こんなに見逃すなよ、主審、線審。
シャルケの先制点、3点目、マインツのゴールになりそうだった場面で、全部クラーニーがハンドしてるんだが。
一番頭に来たのが、80分のマインツのチャンス。
これ、肘でボール止めてるだろ・・・。
マインツの選手たちは必死にハンドのアピールをするものの、ハンドなし。
せめてこれでPKにしてもらえれば、たとえ点にならなかったとしても、マインツはもう一度やる気になっただろうし、試合ももう少しなんとかなったかもしれないのになぁ。

ホンットに、警察官のジャッジは信用できん(主審は警察官なので)。
ホームゲームなのに、何でこんなにホームに辛すぎというか、アウェーのファールに甘いんだ。
ファールがなくても負けていた試合だとは思う。
審判の判定が追い討ちを掛けないで欲しい。
結局0-3でシャルケに敗戦。

クラッキーも言っていたが、確かに今日はクロップ監督がカメラで抜かれる場面が少なかった。
監督が情熱を失ってはダメだよ、このチームは。殆ど彼のチームみたいなものなのだから。


ちなみに、実況が言うように、マインツの低迷はシーズン前の監督のチーム作りの問題ではない。
単純に選手放出が痛かった。
アウアーが契約延長して、ボーフムに行かなければ(おまけに冬休みに2部のラウテルンにレンタルで出されるし)、トゥルクがフロントとケンカしてフランクフルトへ行かなければ(結局殆ど活躍出来てない)・・・。
言っても仕方がない。
選手がカンチガイして、出て行ったのも悪い。
彼らはマインツだからこそ活躍できていたのに。

マインツを出て行ってなお活躍しているのは、ヴォロニン(ケルン経由レヴァークーゼン)とダ・シウバ(シュツットガルト)くらい。
アズアグもシャルケに戻らず、どっか出られるクラブへ移籍したら?
アベルも結局はHSVにレンタルで出され、出番ないしね。
選手を他のクラブに取られるのは、弱小チームの宿命ではあるのだが。

数字上はまだ分からないとはいえ、正直今季の残留はムリだろう。
失点は仕方ない。
が、総得点が少なすぎる。
しかも、後半戦の得点が、冬休みにやって来たモハメド・ジダンとアンドレアセンの得点ばかりで、後は左SBのローゼくらい。
もう少し前線、中盤が点取れなければ、キツイ。

テーマ:ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/04/15(日) 00:53:32|
  2. mainz
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mehmetlove

Author:mehmetlove
フクアリのメインスタンドで静かに、時にうるさくジェフを応援しています。
海外リーグではドイツが東西に分かれていた時からブンデスリーガを応援してます。

最近の記事

フリーエリア

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。