好きにならずにはいられない

好きなサッカーチーム、Mainz、ジェフ市原・千葉を中心に、ブンデス、J1の試合について綴っています。チーム愛より監督愛の方が強いかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スコールズが現役引退

寝る前に。

オレのスコールズが、ついに現役引退を発表。
ええええええええええええ!!!!!!
まだやれるじゃないよぉぉぉぉぉ。
なんであれほどケガが絶えなかったオレのメェメェと、同じ年齢で引退なのよ………。
スコールズなんて、スコールズなんて、無事これ名馬の選手じゃないよぉぉぉぉぉ。
例の目が霞んで、シーズンを棒に振った時くらいだもんなぁ、長期離脱って。

最後にCL取らせてあげたかった。それなら。
お前、言ってることが違うだろ←ごもっとも。パクちゃんはダメで、スコールズならいいのかよって。

彼も36歳か。続ければ37歳。
中央の選手という意味では、確かに潮時なのかもしれない。
でもなぁ。あんなに動きにムダの少ない気の効いた選手って、いそうでなかなかいないと思うんだけど。
マンUはキライだが、大好きな選手だ。


お疲れ様でした。
キミはこういう言葉がキライだろうけど、キーンとは別の意味で、マンUを象徴する選手だと思うよ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/06/04(土) 11:26:49|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悲しい結末 

ずっと記事を書いていなかったので、あえてずっと書かないようにしていたのだけれど。

ドイツ対スペインは、最後まで見られなかった。
試合時間残りあと10数分というところで、娘が「おかあさーん」とオレを呼んだのである。
がっくり。
なんで起きるんだよぉぉぉぉぉ。
そんなにTVの音、オレの声がうるさかったんだろうか。
それとも、隣で寝ていないのを敏感に感じたのか。
でも、日本対デンマーク戦と、オランダ対ウルグアイ戦は起きなかったけどなぁ(早朝観戦はこれだけ)。

娘を寝かせて、再びTVの前に戻った時は、5:30を回っていて、まだHDDが動いていたので、もしかして延長!?とか思ったのだが、TVつけたら負けていて、がっくり。

いや、もう、マリオ・ゴメスには期待しないというか、出来ないよなぁ。
予選戦っていないミュラーが本大会で得点しているのに、ねぇ(スタメンと途中出場の差はあれど、結局ユーロでスタメンで点取れないから、どんなにリーグで点が取れなくても、クローゼとポドルスキな訳で)。

なんというか、なんでこんなに消極的なの?という感じだったかな。
退場者を出した直後に失点して、どこか急ぎすぎたセルビア戦を経験していたから、その辺は修正してくると思ったのだが。

くやしいというより、悲しかった。

それでも。
エンケの自死、W杯直前に主将がケガで離脱という状況の中で、いままでのドイツのイメージを覆すような攻撃サッカーで戦い、勝ったことを選手は誇りにしていいと思う。
オレはベスト8でアルゼンチン相手に負けるかも、と思っていたから。

チームの平均年齢が若いことが言われたドイツだが、むしろ代表キャップ数の少ない選手がよくこれだけ機能したな、ということの方が驚きだと思う。
もちろん、対戦相手にしてみれば、だからこそデータが少なかった、ということもあるのだろうけど。
開幕戦のスタメン11人中、一桁が4人。
4人とも代表キャップ5試合以下(ノイヤーとケディラが5試合)で、予選を戦った選手はだれもいない。
途中で左サイドバックがバドゥシュトゥーバーからボアテングに代わったけれど、ボアテングでも予選は1試合、代表キャップ5試合でいきなりW杯本選だから。

シュバは今季一皮剥けた選手だが、もっと上にいけるし、行かなければならないと思う。

3位決定戦は、クローゼの記録はヘンに意識せず、リラックスして行ければいいと思う。

今回のW杯は12年ぶりに初優勝チームが出る。
個人的には、オランダに優勝して欲しい。
まあ、今季はCLでも異なるクラブで優勝した3人目の監督が出たことだから、ユーロ優勝後にW杯優勝した2チーム目が出ても不思議ではないのだが。
今のオランダは、バルセロナ(スペイン代表)の逆輸入ということだが、そもそも20年前にバルサにパスサッカーをもたらし、スペインサッカーの方向性を決めたのは、クライフとオランダの選手だからなぁ。
ただ、流れはスペインに優勝して欲しいみたいに見える。

テーマ:2010年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/07/08(木) 23:53:34|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

W杯 記憶に残る名勝負

euronaviさんの掲示板で見つけた情報。
http://www.nhk.or.jp/sports2/soccer/soccer.html

70年、86年、94年、98年、02年の決勝と、なぜか82年の準決勝。
なぜこのチョイス?

個人的には、
70年なら準決勝の西ドイツ対イタリア、86年なら準々決勝のブラジル対フランスの方がいいなぁ。

要は、ペレとマラドーナと、バッジョとジダンとロナウド、そしてカーンなのかな。

こういう昔のW杯の映像が放送されるのはいいこと。
そして、どうせならその当時の日本代表の試合が放送されると、なおいい。

86年のW杯か。
マラドーナは言うまでもないから、ドイツ的には、現シャルケ監督のマガートがどんな選手だったのかを見るにはいい試合だろうと思う。
でもマガートなら、その前の準決勝のフランス戦のFKの方が見たいです(持ってるけど)。
西ドイツの10番が、彼です。

かの故エルンスト・ハッペル監督をして、「何も言うことのない選手」と言わしめた名選手だった時代があった。
オレはハンブルグを率いていた時しか知らんのだが、エルンスト・ハッペルこそKing of 監督だと思っている。
フェイエノールト、クラブ・ブルージュ、ハンブルグ、そしてオランダ代表。
こんなにいろんな国のチームを率いて国際タイトルに近づけた監督は、彼くらい。

だから、78年の決勝放送してくれぇぇぇぇぇ。
クライフは同行してないので当然出場してませんが、オシム以上にベンチで笑わぬこわもて監督がもう一度見てみたい。
だって、77-78のチャンピオンズ・カップ決勝でブルージュのベンチに座ってた監督が、約2ヶ月後にはW杯の決勝でオランダ代表のベンチに座ってるんだもん。

(追加)
サーフしてたらこんな写真を見つけた。
82-83チャンピオンズカップ優勝
一番左だけが分かんない(汗)。選手であることは確か。
右から、当時のHSVのGMネッツァー、ハッペル、マガート

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/05/24(月) 15:42:04|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

W杯の組合せ

組合せ抽選会

NHKとスカパーで録画。
土曜朝にスカパーをかなり流して見た(外出前だったので)。
けっこういいバランスではないですか?
グループGは死のグループですが・・・・。
たいていどこかに「裏」(第二の)死のグループというのがあるのだが、意外とCとDが難しいグループになりそうな予感。

スペインがベスト8の壁を破れないのは、いつもグループ分けが後ろの方(上へ行けば行くほど、日程がきつくなる)だからなのでは・・・・。グループ分けは意外と恵まれた感じ。
恵まれた、といえば、そのスペインと同組のスイス。
グループリーグ突破しても、トーナメントで死のグループであるGの国との対戦なので、ベスト16がいいところだと思うが、ドイツ大会のウクライナとのPK負けより、「負けて元々」の相手との対戦なので、そういう意味でもいい組み分けだと思う(もしポルトガルが来たとしたら、意外といい勝負しそうな予感)。

ドイツ。
結構難しいと思うが、初戦がオーストラリアであることと、対戦順に恵まれたと思う。ライバルはガーナだと思うのだが、セルビアとガーナが第一戦の裏カードなので、両チームの状態が対戦前に分かる、と言う意味で、対戦順が良い。

日本は厳しい組に入ったな。
岡田監督はベスト4を目指す、と言ってますが、そのための計画表はどうなっているのでしょう?
毎回ベスト8以上に入る不思議な国・ドイツは、1年も前に合宿地(拠点)をとっくに決めてたりします(要は本選出場決まる前に、現地に視察へ行くのですな)。
勝点が取れるといいね。
カメルーンとの対戦成績は良いようですが、アフリカでやる大会で、カメルーンがゴタゴタしてるとは考えにくい・・・。
デンマークは組し易いイメージがあるようだが、北欧は結構厄介。イザという時に守れるし。選手層はそれほど厚くないけど。
初戦でオランダを退ける可能性はあると思う。

開催国南アは・・・・まさかフランスを引き当てるとはね。
開催国が落ちる可能性は結構ある。メキシコはいつもいいチームだし、ウルグアイも結構面倒な相手ゆえ。
もちろん、フランスが落ちる可能性もあるけどね(フランスはわりと前評判がアテにならないしね)。

イタリアはスロースターターだから、パラグアイと引き分ける可能性大。でもニュージーランドに負けるとは思えないから、3戦までには調子を上げてくるかな。

イングランドは今回結構上には来ると思う。ベスト4でドイツとやって、やっぱりPK戦までもつれて、負ける、というのがいつものパターンだが(意外と90分決着ってないのよ)、今回もそうなるのかなぁ。

ま、今回は対戦相手もそうだが、環境というのももう一つの敵でしょうな。
南半球の6月なので、冬ですからね。
高地対策もね。

それから、CL。
決勝は5月22日。W杯開幕は6月11日。
決勝まで残ると、結構厳しい。
  1. 2009/12/07(月) 00:55:37|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイス、W杯出場決定おめでとう!

一体いつの話だ。10日前の話です。

で、なぜドイツではなくスイスなのか、といえば、ヒッツフェルトが監督をしているからです。(きっぱり)

もちろん、10日のロシア対ドイツ戦の結果を見るのはドキドキしましたよ。
初戦のフィンランド戦の引き分けが結果に影響しなければよいが、と思ってましたよ。
相手はロシアですから(で、ヒディング監督ですから)。
得点シーンまでを見たけれど、ドイツが他国に嫌われる(そしてうらやましがられる)のは、こういうところなのだろうな。
全く自分達の流れではなくても、相手の攻撃が一息ついたところで、なーんとなく流れを持っていって点を取ってしまう、というようなところ。
ま、これはイタリアにもいえることなのかもしれないが。
だから彼らはW杯連続出場しているわけで。

で、スイス代表。
予選序盤は最悪の入り方。
試合を見てないので何ともいえないのだが、スイス代表選手側に油断があったことも否定できないと思う。
何せ監督がヒッツフェルトなのだ。
でも、選手たちが忘れてはいけないのは、クラブレベルでは持ってないタイトルはない、と言える監督でも(UEFA CUPは持ってないが、CL2度取ってればいらんだろ)、代表ではまだ何一つ成し遂げてはいない監督だということ。

イスラエル戦とのアウェーは、2点リードしながら試合をクローズできずに追いつかれてドロー、2戦目のルクセンブルグ戦ではホームでありながら、1-2の敗戦。
なにやっとんじゃ・・・・・。

その後はグループ最大の敵・ギリシャに2戦とも勝ち、最後はイスラエルにホームで引き分けでOK、というところまで持っていった。
が、イスラエルはまだ勝てばプレーオフ出場の可能性を残していた。
そして、ホームで引き分けでOK、というのは、カンタンなようで、結構難しい。
そして経験の浅いチームというのは、そういう「逃げ切り」に失敗することも多いもの(そして攻撃自慢のクラブも)。
結果、0-0で逃げきり、出場権獲得。

そういえば、ヒッツフェルトは出場権獲得前に、既にスイス代表監督の続投が決まっていた。
2012年までの契約延長。
ちょっと意外だった。
彼ほどの監督なら、当然2010年のW杯後に、レヴの後釜としてドイツ代表監督の座を狙うと思っていたので。
2004年に一度断ってるけど。
ただ、そうなると、当然のように、優勝を期待されるだろう。
今がその時ではない、と、考えたのかもしれない。

スイスも出場が決まっただけ。
本選では、まだ何も成し遂げていない。
前回のドイツ大会は、スイスにとって準ホームに近い会場で行われたが、今回はどのチームにとっても初のアフリカでの試合となる。
勝手の違う場所で、かつ、ドイツほどの準備やバックアップの期待出来ない協会と、どこまでやれるか。
来年の6月が楽しみである。

ま、その前にプレーオフを楽しもう。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/10/25(日) 23:57:44|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mehmetlove

Author:mehmetlove
フクアリのメインスタンドで静かに、時にうるさくジェフを応援しています。
海外リーグではドイツが東西に分かれていた時からブンデスリーガを応援してます。

最近の記事

フリーエリア

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。