好きにならずにはいられない

好きなサッカーチーム、Mainz、ジェフ市原・千葉を中心に、ブンデス、J1の試合について綴っています。チーム愛より監督愛の方が強いかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

W杯 記憶に残る名勝負

euronaviさんの掲示板で見つけた情報。
http://www.nhk.or.jp/sports2/soccer/soccer.html

70年、86年、94年、98年、02年の決勝と、なぜか82年の準決勝。
なぜこのチョイス?

個人的には、
70年なら準決勝の西ドイツ対イタリア、86年なら準々決勝のブラジル対フランスの方がいいなぁ。

要は、ペレとマラドーナと、バッジョとジダンとロナウド、そしてカーンなのかな。

こういう昔のW杯の映像が放送されるのはいいこと。
そして、どうせならその当時の日本代表の試合が放送されると、なおいい。

86年のW杯か。
マラドーナは言うまでもないから、ドイツ的には、現シャルケ監督のマガートがどんな選手だったのかを見るにはいい試合だろうと思う。
でもマガートなら、その前の準決勝のフランス戦のFKの方が見たいです(持ってるけど)。
西ドイツの10番が、彼です。

かの故エルンスト・ハッペル監督をして、「何も言うことのない選手」と言わしめた名選手だった時代があった。
オレはハンブルグを率いていた時しか知らんのだが、エルンスト・ハッペルこそKing of 監督だと思っている。
フェイエノールト、クラブ・ブルージュ、ハンブルグ、そしてオランダ代表。
こんなにいろんな国のチームを率いて国際タイトルに近づけた監督は、彼くらい。

だから、78年の決勝放送してくれぇぇぇぇぇ。
クライフは同行してないので当然出場してませんが、オシム以上にベンチで笑わぬこわもて監督がもう一度見てみたい。
だって、77-78のチャンピオンズ・カップ決勝でブルージュのベンチに座ってた監督が、約2ヶ月後にはW杯の決勝でオランダ代表のベンチに座ってるんだもん。

(追加)
サーフしてたらこんな写真を見つけた。
82-83チャンピオンズカップ優勝
一番左だけが分かんない(汗)。選手であることは確か。
右から、当時のHSVのGMネッツァー、ハッペル、マガート
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/05/24(月) 15:42:04|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mehmetlove

Author:mehmetlove
フクアリのメインスタンドで静かに、時にうるさくジェフを応援しています。
海外リーグではドイツが東西に分かれていた時からブンデスリーガを応援してます。

最近の記事

フリーエリア

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。