好きにならずにはいられない

好きなサッカーチーム、Mainz、ジェフ市原・千葉を中心に、ブンデス、J1の試合について綴っています。チーム愛より監督愛の方が強いかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツは勝負弱くなったのか?

今回のチャンピオンズリーグで、バイエルンがホームで負けた( ホントは引き分けなんだけど)、ということで、ドイツは勝負弱くなった、という意見をみた。
そう?
勝負弱いチームが、決勝まで行くか?

ドイツで最も幸運な選手、ベッケンバウアーは、W杯とユーロで連覇してた?
72年のユーロと、74年のW杯だよね、西ドイツが優勝したのは。
あの時の西ドイツを、勝負弱いなんて、誰もいってないだろう。
72年のチームは、21世紀から来たドリームチームと言われた。
74年のチームは、もっと現実的だったけどさ。

ファイナルにたどり着くのは2チームだけ。
ベスト4にすら届かないチームが大半の中で、特に代表でのドイツでの成績は飛び抜けてると思うけどなぁ。
予選敗退、1度もないんだよ。

PKを蹴るのを拒否した選手がいたこと?
PK戦で負けたから、拒否した選手の話が出ているだけで、勝ったときにはそういうインタビューがされないだけでは。
記事になってないだけでしょ。

クラブと代表、どちらもバランスよく成績がいいのは、イタリアだもんね。

ドイツはバイエルンが飛び抜けてるけど、他が続かないからなぁ。
70年代のグラードバッハ、80年代のハンブルグ、90年代のドルトムント。00年代はいない(強いていえば、シャルケか)。
これでは、ドイツはバイエルンだけ、と言われても仕方ないでしょ。
クラブレベルでは、確かにドイツのクラブは勝負弱いとは言えるかも。
外国人選手の質の問題だからなぁ、どちらかといえば。
お金と、気候と、言葉。
言葉に関しては、植民地を持たなかったドイツはどうしても不利。
でもその分、ポーランドを筆頭に、東欧の選手はそれなりにいる。
大金持ちがクラブを所有してない、というのがやはり大きいのかな。







スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/05/26(土) 23:12:45|
  2. Bundesligaとドイツ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mehmetlove

Author:mehmetlove
フクアリのメインスタンドで静かに、時にうるさくジェフを応援しています。
海外リーグではドイツが東西に分かれていた時からブンデスリーガを応援してます。

最近の記事

フリーエリア

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。