好きにならずにはいられない

好きなサッカーチーム、Mainz、ジェフ市原・千葉を中心に、ブンデス、J1の試合について綴っています。チーム愛より監督愛の方が強いかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不思議な組み合わせ CL決勝はドイツ同士

この組み合わせを希望した、ドイツサッカーファンは多数いるだろうが、予想したサッカーファンは、まずいないだろう。
ドルトムントとバイエルンが、国内カップではなく、CL決勝で、対戦する。
個人的には、すごく嬉しい。

15年前、リーグの成績に応じた出場枠が増えた、最初のシーズンに、初の同国対決があった。
ベスト8で、ドルトムントとバイエルンが対戦。
結果は延長戦でドルトムントが勝利。監督は、スカラとトラップのイタリア人。
ベスト4で、ドルトムントは、ハインケス監督率いるレアル・マドリーに負けて、2年連続の決勝進出は逃してしまうのだが。
マドリーはユーべに勝って、7回目の優勝。

ドルトムントの決勝進出を阻んだ監督が、今度はバイエルンの監督として、ドルトムントの2度目の優勝を阻み、かつ、異なるクラブでCLを制した4人目の監督になるのか。
はたまた、今の強いバイエルンを誕生させた、クロップ監督が、初のヨーロッパ制覇を果たすのか。
この、「今の強いバイエルンを誕生させたクロップ監督」は、誤記ではない。
バイエルンが一つもタイトルを取れなかったシーズンは過去何度もあったが、国内のライバルにここまで連敗したことは、なかった。
この屈辱が、今の強いバイエルンを生み出したのだ。
もちろん、昨季のCL決勝の敗退も大きな理由だが。

いやあ、ワクワクしますねぇ。
ドイツのクラブ同士、だけでなく、監督も同国籍対決なんですから。

個人的希望としては、ドルトムントに優勝して欲しい。
かつてバイエルンを応援していた人間のセリフとは思えないが。
その方が、もっとバイエルンは強くなるし、ドルトムントは、選手の流出を防いで、移籍市場でも、有望な選手を取り易くなる。
結果的に、リーグのレベルは、上がる。
今のブンデスは2強リーグで、シャルケとレヴァークーゼンがもうちょっとヨーロッパで勝てるようになってくると、プレミアリーグを名実共に抜けるリーグになる。

ドルトムントが優勝した方が、サッカー界にとってもいい。
間違いなく、イスタンブールの奇跡を超えるシーズンになる。
破産しそうになったクラブでも、グループリーグで敗退しても、優勝を狙えるチームを作れる。
夢が広がるよねぇ。これこそおとぎ話みたいだけど。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/05/05(日) 11:25:53|
  2. チャンピオンズリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mehmetlove

Author:mehmetlove
フクアリのメインスタンドで静かに、時にうるさくジェフを応援しています。
海外リーグではドイツが東西に分かれていた時からブンデスリーガを応援してます。

最近の記事

フリーエリア

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。