好きにならずにはいられない

好きなサッカーチーム、Mainz、ジェフ市原・千葉を中心に、ブンデス、J1の試合について綴っています。チーム愛より監督愛の方が強いかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シャルケのノイヤーが契約延長せず

結構前の話題なのだが、そろそろ書こうかな。
12年6月で切れるシャルケとの契約を、ノイヤーは延長しなかったらしい。

で、行き先がバイエルンらしい、と聞いた時、今やバイエルンとは距離を置いているオレでも、背中から蹴りをいれたくなりましたよ。

「優勝したくてバイエルンへ来た」と言って、何人もバイエルンにやって来たよ。
それも、優勝争いの常連チームから。
カーンやショル(カールスルーエ)、エッフェ(ボルシアMG)やイェレミース(1860ミュンヘン)など、どう頑張っても優勝争いが望めないクラブの所属選手がいうのなら、まだ分かる。近年だとポドルスキ(ケルン)もそうだ。
確かに、どんなに優勝争いをしても、最後にはバイエルンに優勝を持っていかれることが続くと、いっそのことバイエルンへ移籍できれば、と考える選手がいるのも、分かるんだが・・・・・。
なんかなぁ。
バイエルンへくれば全て解決、という考えがそもそも甘いよ。
今以上の努力と運がなければ、そもそもバイエルンでレギュラー取れない=主力として活躍することも出来ないんだが。まさか控えで来るワケではないだろうに。

で、バイエルンはというと、今季途中まで正GKで、クラフトにポジションを奪われて引退を表明していたブットが、ファンハール監督の解任後、正GKにもどったこともあったのか、ここへきて引退を撤回して、1年の契約延長に合意した。
ご意見番であるカイザーは、どんなに大金をはたいてもノイヤーを獲得しろ、とのたまっているが。
バイエルンの金庫番、へーネス会長は、シャルケの言う金額は出せないと言っている。
さすがへーネス、食えないなぁ。
バイエルンとすれば、これでノイヤーが夏に獲得できなくても、正GKの問題は半年後くらいに考えればいい。
シャルケが移籍金を下げてくる可能性も出てきた。
来季の契約終了後に、タダで獲得という線も残した。

そういう意味で、ノイヤーのあのタイミングでの発言は、浅はかすぎ。
シャルケの関係者に多大なる迷惑を掛けた。
そしてある意味、バイエルンにしてやられた。


さて、ノイヤーを批判ばかりしても仕方ないので。
彼のバイエルンへ移籍したい気持ちも分かる。
他のリーグへ挑戦する、と思っていたシャルカーやブンデスファンは、納得できないだろうけど。
ノイヤーのサッカー人生だ。
他人が口出しすることではない。
ブンデス以外のクラブに移籍して、失敗したら、だれが責任とれるの?
そのことは、シャルカーであるノイヤー自身、一番良くわかっているハズ。

レーマンは、シャルケに戻って来られずに、BVBへ移籍したのだ。
そのことをノイヤーが知らぬはずはない。
シャルカーよ、忘れてもらっては困る。
14年前、ACミランへ移籍し、ケガで半年余りでドイツへ戻ってきたレーマンを受け入れなかったのは、ほかならぬシャルケであったことを。

ノイヤーがマンUなりバイエルン以外のクラブへ移籍して失敗したら、古巣へ戻りたいと言う彼をシャルケは受け入れられるか?
その覚悟がないのであれば、一概に彼の判断を非難できないと思う。


カーン、レーマンに次ぐドイツ代表者の正GK候補として期待されてきた「彼」は、今どのドイツのクラブにいる?
シュツットガルトのリーグ優勝に大貢献し、ヴァレンシアへ移籍したものの、思ったほどの活躍ができず、ドイツに戻ってきたものの、古巣へは戻れず、ホッヘンハイムに移籍し、そこからも放出され、今季夏の移籍締切に、ようやく所属クラブが決まった選手がいたことを、忘れてないだろうか。
彼は、第3GKとして、リスボンで1試合も出られぬままの状態だ。
ブンデスファンなら、彼が誰だか分かるでしょ?
ドイツW杯で、第3GKだった彼ですよ。
もちろん、代表戦でのパフォーマンスが原因で、最終的には故ロベルト・エンケに代表の正GKの座を奪われた訳だけど。

日韓W杯で第3だったブットは、別の意味で強運だよね。
薬屋を追われてベンフィカへ行って、キャリアの最後にはバイエルンなんだから。
CLは取れなかったけど、リーグとカップ戦は優勝したんだもん。

GKというのは、責任の重さの割りに、ある意味一番軽んじられているポジションだと思う。
CL4度目の優勝を目指すマンUにしても、ビッグ(=シュマイケル)引退後、元フランス代表のバルデスがずっと正GKだったけど、ユーべを1年で追い出されてフルハムなんて小クラブでくすぶっていたファンデルサールを正GKに据えるまでは、ずっとGK問題で苦しんでいたし、アーセナルに至っては、GKにけが人続出で、とうとう引退していたレーマンを控えとして呼び戻す有様。
こんなに大事なポジション=代えの効かない、なのに、フィールドプレーヤーほど注目されず、ミスした時ばかりひどく叩かれる。
これほど理不尽な立場もないよなぁ、といつも思うよ。

カーンが00ー01のCL決勝でMVPを取ったこと、そして続く02年の日韓W杯でMVPを取ったこと。
確かにW杯決勝ではミスが出たけれど、彼がMVPを取ったことは、GKにとって物凄く大きな意味があったのだ。
陽の当たらないポジションを注目させたこと、いうまでもないけど。


・・・・・・
相変わらず何を書きたかったのか、どう締めようとしてたのか分からなくなってしまった。
思い出したら、また明日以降に。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/07(土) 00:26:41|
  2. Bundesligaとドイツ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カウントダウンが始まった | ホーム | マンUが優勝しないことを願う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mehmetlove.blog73.fc2.com/tb.php/375-b4e3c51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mehmetlove

Author:mehmetlove
フクアリのメインスタンドで静かに、時にうるさくジェフを応援しています。
海外リーグではドイツが東西に分かれていた時からブンデスリーガを応援してます。

最近の記事

フリーエリア

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。