好きにならずにはいられない

好きなサッカーチーム、Mainz、ジェフ市原・千葉を中心に、ブンデス、J1の試合について綴っています。チーム愛より監督愛の方が強いかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノンビリ、かつ、せっかち~2時間半のスピード出産

まるで私のようだ(苦笑)

27日、40週目の妊婦健診を受けに行った。
週末に順痛が来なければ、30日に入院し、陣痛促進剤を使って人工的に陣痛を起こしましょう、ということになっていた。

28日朝、それは突然やって来た。

7時前に目が覚めたが、ふとんでウトウト。ちょっとお腹が痛い?でもすぐに収まった。同居人に今日持って来てもらうものをメールし、さて、起きるか、と思ったその時。
今までにない激痛が、お腹を襲った。陣痛か!?
時間を見ると、8時。とりあえず同居人にその旨メールする。


来た。再びの痛み。時計は8:08。え、もう10分じゃないの?それともたまたま間隔が短いだけ?
あわてて着替えて、朝食を食べる。
うおぉぉぉ、また来た。間違いない、陣痛キタコレ。
台所の時計は1分ほど遅れてるから…それでも8:14(実際は8:13)。急いで食べる。
ちょっとぉぉぉぉ、間隔なさすぎだよぉぉぉぉ。
食べる暇もないじゃん←なら早く起きて食べろ。ごもっともで。

17、21、26、30、34、39…。はい、分かりますね皆さん。大抵痛みが1分間続くので、これで5分おき、というこなんですね。
「陣痛は、10分間隔になったら、産院に電話」ですから…。
即行で電話しろ、ということです。

携帯を充電し(そんなことしてる場合か)、産院に電話。8:43。
「8時頃に痛み出して、もう5分間隔なんですけど」
「直ぐ来てください。経産婦さんですよね。住所はどこですか」「○×です」「じゃ、近いですね」
父親に車を出してもらい、同居人に電話。
携帯に繋がらず、自宅に電話する。8:49。

産院に着いたのは、9時前。
入院申込書を提出し、車椅子で病棟へ。
いきなり分娩室(兼 陣痛室)。
出産着に着替える暇もなく、分娩台に上がり、助産師さんによる内診。
もう、この時点で子宮口7cmだってよ。ウソでしょ?
陣痛間隔が短いせいで、腕に力が入らず、点滴の針がうまく刺せないらしい。都合3度も刺された。

5分間隔にやって来る陣痛に、深呼吸で耐える。
「10時半には生まれるかもしれませんね」え、そんなに早く?
何となく時計は9:10くらいだったような記憶がぼんやりある。
同居人に痛み逃しのためのゴルフボールを頼むメールを送った時には、あんなに余裕だったのに。
必要ないじゃん、というか、同居人も間に合わないかも。

時間は定かではない。30~40分後に破水し、ゴールもうっすらと見えて来た。
「痛い、イタイ、痛いよぉぉぉ」と何度か叫ぶ。
一人目のときはこのセリフ、生まれる直前に叫んだだけなのに。
そのくらい余裕がないというか、陣痛時間が短い分、痛みが凝縮されてきているというのか。
「息を吸って、ハイ止めて、いきんでください」言われた通りにするものの、ツライ。
「じゃ、息を深くすっていいですよ」
強い陣痛がくるたびに、この繰り返し。
痛みでめを開けるのもツライが、時々開けては壁に掛かる時計を見る。
10時を回る。
何度目かのいきみと、「痛ぁぁぃ」の叫びの後、「頭が出てきた」
「肩がちょっと引っかかってるかな」
「イタタ、イタタ、痛あああああああ!!!!!!!」
「はい、生まれました、10:12です」
ハイ!?
何と、助産師さんの予想よりも15分も早い、陣痛開始から2時間15分足らずで、第二子は生まれたのでした。
胎盤の摘出も含めても、2時間18分だってよ。
早いなんてもんじゃありませんよ。
経産婦で6~8時間が平均の分娩時間が、2時間半もかからないんだよ。
あり得ないっての。

でも、すぐに産声が聞こえた。第一子はすぐには泣かなかった。
これが18時間と2時間の差か!?

すぐに抱かせてもらえた訳ではなく、その後処置が施される。
何せ、出産着にすら着替えられず、自分の着てきた服で出産だもん。
服を脱いで、汗を拭き、パジャマに着替えて、ようやく一息。
ずっと足を広げていたので、膝ガクガク。

30分くらい経ったところで、「赤ちゃん、お連れしていいですか」
そこでようやく我が子とご対面。
目を閉じている。帽子を被せて貰って、何か、ふてぶてしい顔。
うーんと、初乳は、なめただけでした。

ハイ、同居人は間に合いませんでした。てか、これじゃ1時間の距離の人で間に合うかどうか、というところでしょう。
疲れた、というより、痛かっただけ、の出産だった。
台風がいきなりやってきて、暴風雨に巻き込まれ、サーっと行ってしまった、そんな感じ。
早くて午後一、遅くて夕方かな、と思ってたのに。
予定日が一週間も遅れたのに、生まれるまでの時間が2時間半て、あり得ないっての。
まぁ、苦しい時間が短かったんだから、良いのか。







スポンサーサイト

テーマ:妊婦日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/05/29(日) 14:50:58|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<再び0歳児との生活が始まる | ホーム | ブンデスリーガ、シーズン終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mehmetlove.blog73.fc2.com/tb.php/397-5ef727fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mehmetlove

Author:mehmetlove
フクアリのメインスタンドで静かに、時にうるさくジェフを応援しています。
海外リーグではドイツが東西に分かれていた時からブンデスリーガを応援してます。

最近の記事

フリーエリア

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。