好きにならずにはいられない

好きなサッカーチーム、Mainz、ジェフ市原・千葉を中心に、ブンデス、J1の試合について綴っています。チーム愛より監督愛の方が強いかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こういうマスコミのいるリーグってどうなの?

スポーツナビを見ていた時、関連記事なるところで、こんな記事がリンクされていた。
プレミアリーグ「誰もほしがらない選手」リスト

最初、デイリースポーツの記事?と思ったが、13日付のガーディアン電子版に掲載された記事らしい。
以下、そのまま掲載。
13日付のガーディアン紙電子版が、この夏の移籍情報にからみ、「誰もほしがらない選手」のリストを掲載した。

通常は、移籍市場で引く手あまたの選手を「人気の選手」リストとして掲載するものだが、これは所属のクラブでは出番が少なく、移籍先からもなかなか声がかからないという選手を並べたもの。さすが、英国流の辛口のコメントも興味深い。掲載されたのは26人だが、そのなかからピックアップしてみた。

◇ジョー・コール(リヴァプール、29歳)

チェルシーから移籍金なしでリヴァプールに移籍したものの、初戦でいきなりの退場処分でみそをつけた。たまに出場機会があると張り切りすぎのティーンエイジャーのようだが、実はまもなく30歳。

◇ニクラス・ベントナー(アーセナル、23歳)

この選手を評価する人がいるとすれば、それは本人だけ。ヴェンゲル監督もさすがに愛想が尽きた。移籍志願しており、バイエルン・ミュンヘンへの移籍の噂も。

◇クリスティアン・ポウルセン(リヴァプール、31歳)

ロイ・ホジソン前監督がマスチェラーノの抜けた穴を埋めようとかつての教え子を獲得も、ホジソン解任後は出番なく。中盤をスローダウンさせるのが得意。

◇ジョー(マンチェスター・シティ、24歳)

3シーズンでわずか21試合出場。CSKAモスクワで大活躍したが、ビッグステップを踏むのが早すぎたのかも。

◇マヌエル・アルムニア(アーセナル、34歳)

守護神の座をつかめと何度もチャンスをもらいながら、ここぞのときにミスをおかし、信頼を失う。

◇セバスティアン・スキラーシ(アーセナル、30歳)

昨夏セビージャから加入もミスが多く、レギュラー奪取に失敗。

◇ウェイン・ブリッジ(マンチェスター・シティ、30歳)

シティとは2009年に4年半契約を結んだが、2010-11はウェストハムにレンタル。契約満了までいられるとは思えない。

◇ショーン・ライト・フィリップス(マンチェスター・シティ、29歳)

マンチーニ監督下で出場機会が少ないが、オファーも来ない。

◇ジャメイン・ジーナス(トッテナム、28歳)

中盤のタレントが豊富な上、スコット・パーカーの加入も噂されるなか、放出必至か。

◇ポール・コンチェスキー(リヴァプール、30歳)

こちらもホジソン前監督が連れて来た選手。スピードに乏しくロングボールに頼りすぎ。ダルグリーシュ監督になってノッティンガム・フォレストにレンタルされた。

◇デイヴィッド・ベントリー(トッテナム、26歳)

天賦の才でイングランド期待の星と言われたのも今や昔。アーセナルを出たあとは、クラブを転々として結果を残せず。

◇ガブリエル・オバータン(マンチェスター・ユナイテッド、22歳)

1年目は期待できる活躍をしたが、2年目は失望。カーリング杯要員となってしまった。

◇エル・ハジ・ディウフ(ブラックバーン、30歳)

自チームのファンすら敵にまわすことが得意。昨季はレンジャーズで優勝メダルを獲得。ウェストハムのアラダイス監督とやりたいと公言。

◇ミラン・ヨヴァノヴィッチ(リヴァプール、30歳)

12万ポンドという週給にはOKを出すクラブがあったとしても、重いファーストタッチとポジショニングの悪さに二の足を踏むクラブは大勢。

◇ロビー・キーン(トッテナム、30歳)

リヴァプールから出戻り以降はいいところなく、昨季後半はウェストハムにレンタルも結果を出せず。

◇ジョニー・エヴァンス(マンチェスター・ユナイテッド、23歳)

スモーリングの成長でセンターバックの控えの控えに。集中力に欠けることをファーガソン監督からも指摘される。


◇パウロ・フェレイラ(チェルシー、32歳)

2008年に5年の契約更新をしたが、その時点ですでにレギュラーの座を失っていた。サイドバックとしてはスピードのなさが致命的。年俸の高さから、高額の退職金を払っても放出か。

◇アラン・スミス(ニューカッスル、30歳)

ウェストハムが獲得を希望し、リーズのケン・ベイツ会長はリーズへの連れ戻したいと話しているため、来季は2部でプレーか。ただ、リーズのファンは、絶対移籍しないと言っていたマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したスミスを許していないかも。



マスコミが辛口なのはどこの国でも同じだと思うけど、イングランドという地域の本音が見えるような記事だなぁ。
という訳(?)で、プレミアリーグへの移籍はやはり勧めたくはないね。
金のあるオーナーのいるクラブが増えて、中長期的目標を立ててクラブを強化したくても、監督が必要としない選手を連れてきたり、結果が出る前に監督が解任されたりして、結果的にクラブにいい影響を与えてない、という感じがする。

ビッグクラブへの移籍はハイリスクだけれど、自己責任と切り捨てるには、ちょっとかわいそうかな、と思う。
フレブはどうなるんだろう。バーミンガムは降格だし、バルサに戻っても居場所はないし、シュツットガルトは買い戻すお金ないし。
アーセナルでの輝きは一瞬だったんだろうか。

ベルバトフはいつまでマンUにいられるかなぁ。

プレミアリーグの選手ではないけれど、HSVを放出されたロストは、次の移籍先は決まるのだろうか。引退するにはまだ早いし、まだやれると思うが。
ブレーメンから放出されたフリンクスは、このまま引退の可能性がある。他のクラブが獲得しなければ。
そういう方針のクラブだから。みんなが思う程、このクラブにはお金がないのよ。
ブレーメン→シャルケの移籍を、「出世移籍」と揶揄するのは、葉巻オヤジが「ブレーメンの倍の年俸を出す」と言って、選手を連れてきていたから。今はそういうこともなくなったけど。

ハノーファーで出番をなくしたフロムロヴィッツも、このまま第二GKとして、クラブに残るのだろうか。

華やかな選手の影で、ひっそりといなくなっていく選手たちもいる。
サッカー界はそういうところ。


ソフトバンクのCMじゃないけど、「持ち上げておいて、落とす」からね、世間というものは。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/06/15(水) 17:36:18|
  2. Liverpoolとプレミアリーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<次節、首位攻防戦 | ホーム | 90年代のドルトムント栄光の歴史の影にセリエAあり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mehmetlove.blog73.fc2.com/tb.php/406-9e55e204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mehmetlove

Author:mehmetlove
フクアリのメインスタンドで静かに、時にうるさくジェフを応援しています。
海外リーグではドイツが東西に分かれていた時からブンデスリーガを応援してます。

最近の記事

フリーエリア

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。