FC2ブログ

好きにならずにはいられない

好きなサッカーチーム、Mainz、ジェフ市原・千葉を中心に、ブンデス、J1の試合について綴っています。チーム愛より監督愛の方が強いかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バイエルンはファイナリストに相応しかったのか

2年前以上に経緯をまあっっったく見てないので、なんとも言えないんだけど、そもそも今季のバイエルンは、ファイナリストに相応しかったんだろうか?
確かにグループリーグは死のグループと呼ばれたけど、トーナメントって比較的組し易い相手だったよね。
準決勝以外は。しかもバイエルンはマドリーとは対戦成績が五分五分、というより、どちらかというと相性いいでしょ。
地元でのファイナル、ということがクローズアップされすぎてないだろうか。

ザマーが、チェルシーをプレミアリーグのクラブらしくない、とか言ったとかいわないとか。
え?
プレミアリーグ所属のロシアンマネーに買収されたイタリア的なクラブじゃなかったっけ?
チェルシーはイングランド的じゃないよ。
90年代の経緯を見れば分かること。
イタリア的じゃないか。
だから、元々大のイタリア苦手のバイエルンが、イタリア的なチェルシーに負けたと考えれば、そんなに不思議でも何でもないんじゃないかと。

決勝は特に勝敗がクローズアップされがちだけれど、決勝にたどり着いたチームが、そもそもそれに相応しかったかというのは、意外と議論されないよねぇ。

98-99といえば、カンプノウの悲劇だけど、真にファイナリストに相応しかったのは、バイエルンではなく、ディナモ・キエフだったとオレは思ってるし。
ディナモがマドリー粉砕した試合は持ってないのだが、バイエルン対ディナモ・キエフを持っている人は、賛同してくれると思う。

99-00は、逆にマドリーではなく、バイエルンこそがファイナリストに相応しかったし。
そういう意味では00-01は、どこが、というのは難しい。バイエルンが破ったマンUも、マドリーも、スーパーなチームとは言えなかったなぁ。しいていえば、リーズはいいチームだったよね。

01-02は、ファイナリストに相応しいチームの決勝だったと思う。あの時のレヴァークーゼンは、ほんっとにいいチームだったよ。あの年だけは、ね。

02-03は、なぁぁ。イタリア同志の決勝だったから…。

個人的に好きなのは、このファイナル。03-04のポルト対モナコ。
でも、デポルティーボに決勝に行って欲しかったと思ったのは俺だけではないはず。

あの大逆転を貶める気は全くない。でも、2年後の同カードをみると、優勝の順番逆だったよね、とは思う。
でも、07年のミランは、出場すべきではないクラブだった。
ユーべだけがスキャンダルの犠牲になったとしか思えないから。

07-08で勝つべきは、チェルシーだった。そういう意味では、今季の優勝で報われたということなのだろう。

この辺りから、ちゃんと見ていないので、どのチームがファイナリストにふさわしかったかは、何とも言えない。
バルサが相応しかった、とは言えるが。

バイエルンは、そもそもファイナリストに相応しかったか?
少なくとも、 2年前はそうだ、と言えるが、今季は?疑問符がつくかな。
スポンサーサイト

テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/05/26(土) 22:31:24|
  2. チャンピオンズリーグ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ドイツは勝負弱くなったのか? | ホーム | エッフェでも、カーンでもなく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mehmetlove.blog73.fc2.com/tb.php/426-29ff31fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/05/27(日) 14:02:01 |

プロフィール

mehmetlove

Author:mehmetlove
フクアリのメインスタンドで静かに、時にうるさくジェフを応援しています。
海外リーグではドイツが東西に分かれていた時からブンデスリーガを応援してます。

最近の記事

フリーエリア

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。