好きにならずにはいられない

好きなサッカーチーム、Mainz、ジェフ市原・千葉を中心に、ブンデス、J1の試合について綴っています。チーム愛より監督愛の方が強いかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そして祖母は入院して1年が過ぎた

去年の夏、出産で里帰りをしていた。
7月くらいまでは元気で、夜中に冷蔵庫を漁っていた祖母が、8月に入り、通っていたデイサービスで食べ物を吐くようになり、点滴を打って、一時は家に戻ってきたが、また、デイサービスで吐いてしまった。
祖母が通っていたデイサービスは、病院がやっている福祉施設だったので、そのまま入院となった。

ちなみにオレの同級生の父親が理事長の病院
病院を広げすぎて(?)、すこしばかり閑散としているらしいが。
でも、救急指定医療機関である。日赤という二次救急も市内にはある。
でも、託児所もあって、オレの祖父が生きていた頃は、そこの子供達に芋掘りさせたりしてた。

話に戻る。
祖母の入院を聞かされたのは、家に帰った後のこと。
食べ物を口に出来ないので、胃に穴をあけて、チューブで栄養を取るようになった。胃瘻というやつだ。
それ以外には特に体にどこも悪い部分はないので、そのまま入院して、1年を経過したところだ。
もともと病気知らずで、心臓も強く、人の食べ物を食べようとしてた(フランスパンを食べようとしたが、噛みきれずに断念した跡もあったな)人が...。
ただ、元気だった人が、何かをきっかけに突然、というのは、そう珍しいことではない。
ただ、あれだけ食べることに執着があった人が、少しずつではなく、突然食べられなくなる、といのは、やはり驚いてしまう。流動食とかではなく、普通にご飯もお肉も食べていた人が、である。

母と叔母(母の一番下の妹)は、週2回、見舞いと洗濯物回収のために病院に行っている。まだ、娘のことは分かるようだが、ほとんど寝たきりのようだ。

これで思い出すのが、同居人の義理の祖母のこと。
自力でトイレに行けずにオムツをつけ、入浴も出来ずに義母に体を拭いてもらい、
食事だけは台所で柔らかいもの(赤ちゃんの離乳食後期あたり)が取れる状態で、普通は部屋にこもっていた。
そういう状態の同居人の実家に、オレ一人で一週間ほど行っていた。その時は行き詰まって、仕事を辞めていたころだった。
明日で同居人が迎えにくるという日に、やはり食べ物を受け付けなくなり、病院に連れて行って、腸を動かす注射を打ってもらって、家に戻ってきたことがあった。

オレは翌日家に戻ったが、すぐにまた、もう一度来て欲しいと、義母に言われ、次の週末に行きますと言っていた矢先のこと、義理の祖母の訃報が届いた。
経緯は詳しくは聞いてないが、食べ物を受け付けなくなり、体が衰弱して、そのまま亡くなったのだろう。
7年前のことだ。
神戸と栃木、都会と田舎の差もあると思う。そして多分、祖母がその病院経営の介護施設に通っていたことも理由の一つだろう。
義理の祖母は入院せず、自宅で亡くなり、実の祖母は、入院して、胃瘻で栄養を取って、病院で生きた屍状態にいる。k
どっちが幸せなんだろう。

母のすぐ下の妹は、東京在住で、既に伴侶を失っていて、見舞いには来れない。
電車で来るにしても、途中までで、後は車が必要なので。年金暮らしに孫3人では、正直見舞いに来れない。
その下の妹は、祖母が自宅にいる頃は、週1は顔を出していたが、入院後はほとんど見舞いには行っていない。

入院費は祖母の年金額に収まっているようだが、それも、保険が効くからであって、実際の医療費はかなりになっているはず。
父は、介護施設に払っていた金額より安いと言っていた。
週2のデイサービスに、月7から10日のショートステイのサービスを受けていたので、確かに胃瘻とオムツ替えと体を拭くだけの入院の方が安いのかな、と、想像できる。
医療費と介護費の違いだけで、どちらも保険が適用されて、福祉費として、税金が投入されている、という意味では同じだろう。
しかも、祖母は90歳だ。
89歳まで、病気らしい病気もせず、医者にもかからず生きてきた人が、胃瘻で生きながらえて、病院に寝ているのが、本当に幸せなのだろうか。

医者からは話を聞いてはいないが、胃瘻を外せば、おそらく義理の祖母のように、食べられないので、体が弱って...、となるのだろう。
しかし、今の医療では、そういうことをするのは、殺人行為になってしまうので、どんなにかわいそうでも、一旦入院したら、外すことはできないのだ。
介護施設には、認知症で胃瘻で栄養を取る被介護者も多数いると聞く。介護施設と介護者の負担も相当だと聞く。
認知症だから、介護施設で介護を受ける人、になっているのが現状のようだ。
ベッドを空けるために。

そうならないだけ、まだいいのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:思う事 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2012/09/16(日) 11:13:08|
  2. ただの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<相変わらずカウンターに弱いバイエルン | ホーム | 国際化したということ〜お家芸という言葉は死語>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mehmetlove.blog73.fc2.com/tb.php/432-7792f5ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mehmetlove

Author:mehmetlove
フクアリのメインスタンドで静かに、時にうるさくジェフを応援しています。
海外リーグではドイツが東西に分かれていた時からブンデスリーガを応援してます。

最近の記事

フリーエリア

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。